タロット占い

タロット占い

タロット占いとはタロットカードを用いた占いの一種です。タロットカードには大アルカナと呼ばれる22枚のカードと小アルカナと呼ばれる56枚のカード、合計78枚のカードがあります。占いに用いられるのは大、小のアルカナカードの場合もあれば、大アルカナのカードのみ、稀に小アルカナのカードのみと、占いの仕方・鑑定士によって様々です。

タロットカードには1枚ごとに意味があります。正位置、逆位置によって異なる意味を持ち、それらの意味から占いの結果を読み取ります。正位置とは上下の向きが正しい状態、逆位置とは上下の位置が逆さまを向いた情報を言います。正位置ではカード本来の意味を、逆位置では異なる意味を表します。占い師や占いの方法によってカードの意味が異なる場合もあります。

また、タロットカードにも種類があり、現在では大まかに二つ、「ライダー・ウェイト・タロット系(ウェイト版)」と「マルセイユ・タロット系(マルセイユ版)」に分けられます。マルセイユ版はゲーム用に、ウェイト版は占い用に作られたとされていて、マルセイユ版の小アルカナのカードはウェイト版のような絵柄ではなく、トランプを模した数札になっています。


一般的にタロット占いは、場にカードを広げてシャッフルした後、展開したカードから意味を読み取ります。カードを展開することをスプリットと呼び、独自の配列で並べられたカードを占い師が読み取るようになっています。主なスプリットの方法としては「フォーチュン・オラクル法」「セブン・テーリング法」「ホロスコープ法」「ヘキサグラム法」など、他にも様々な方法が存在します。中には鑑定士オリジナルの展開方法もあります。


タロット占いは漠然とした質問よりも明確な悩みに対する答えが出しやすい占いです。簡単に言えばYES・NOではっきりとした答えを出すことが可能な占いなのです。明確な悩みに対してはっきりと指し示すことができますが、悩みが漠然としているとそれが何を指しているのかを読み取ることができません。
例えば「恋愛運はどうですか?」という質問はYES・NOで示すのは難しいですが、「彼と付き合えますか?」と言う質問にはYES・NOを読み取ることができます。そこからこれからの風向きや行動に対して深く掘り下げて占うことでより詳しいアドバイスをもらうことが出来るのです。
タロット占いをする時は、明確な悩みがある場合の方が的中率が上がるということになります。